下肢静脈瘤を発症する主な原因と下肢静脈瘤の症状に関するメカニズム

下肢静脈瘤は本来足元から静脈を通って心臓に送るはずの血液が静脈の弁が壊れることによって心臓に戻らずまた足元の方に逆流してしまう病気です。
症状として足の血管が浮き出てきたり、足がむくんだり、足にだるさを感じたりと様々なものがあります。
これが原因で血液が上手く循環せずに血栓ができて炎症を起こしたり、その血栓が肺に飛んで肺塞栓になる可能性もあります。
下肢静脈瘤にも種類があり、伏在静脈瘤、側肢静脈瘤、網目状静脈瘤、クモの巣状静脈瘤と4つに分けられます。
伏在静脈瘤は太い血管が拡張した状態もので側肢静脈瘤は太い血管から枝分かれした血管が拡張した状態です。
網目状静脈瘤は皮膚に近い場所にある細かい血管が拡張している状態で、クモの巣状静脈瘤はそれよりさらに皮膚に近い位置の細かい血管が拡張した状態になります。
下肢静脈瘤はどんな人が発症しやすいのかというと比較的女性の方に発症する方が多い傾向にあり、年齢を重ねるほど患者の数も多くなる傾向にあります。
さらに妊娠や出産時に発症する可能性が高まります。
特に2度目の出産や妊娠時発症する方が多いです。
年齢や性別などだけではなく遺伝によって発症率も大きく変わってくる病気なので血縁者のなかにこの病気を発症した方がいる場合は特に注意が必要です。
その他には普段の生活のなかにも発症する原因はあり、長時間の立ち仕事をしている人や仕事でなくても長い時間立ち続けていることが多いという人は発症率が上がり、立ち仕事の多い人は進行も早くなる傾向にあります。なかでも同じ場所から動かず長時間立ち続けている人の方が発症する割合が高くなります。
このように発症する原因は遺伝的なものや妊娠、出産さらには仕事などで足に負担がかかることによって血管の弁が壊れてしまうなど様々です。下肢静脈瘤が原因で命を落とす方はかなり稀なケースでありますが、放置しておいて自然に治るケースもないわけではないですが稀なことです。死亡するリスクは高くないとは言っても絶対に大丈夫というわけではありませんし、症状が気にならない場合もあるので様子を見るというのも一つの手段になります。
ただ放置しておけば進行していってしまう病気でありますので現在は大した症状がなくても次第に症状が気になってくる場合もありますし合併症を引き起こす可能性もあるので少しでも異変を感じたら病院で医師と相談して治療を行って症状を改善していくのが最もいい方法なのでそれをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>