セルフケアで「下肢静脈瘤」を楽しく継続でき「予防」する方法について

この病気は、症状がひどくなると、手術をしないと完治は難しいです。症状は、足の色素沈着、むくみ、だるさなどです。
ファッションに敏感な女性にはとても気になる症状でしょう。
比較的症状が軽い手術をする必要もない程度なら、病院で指導される「予防」は、男性ストッキングを使用して圧力をかけて、瘤ができないようにするのが一般的です。
自分でできる「予防」をしてみましょう。ふくらはぎの筋肉を動かすことが大切です。
ふくらはぎの筋肉は、血液を送るポンプの役割を果たしているので、筋肉を上手く動かすことで予防することができます。
ウォーキングの習慣をつけて、地面をしっかりと蹴って歩きましょう。
家の中では、テレビや音楽を見ながら、座ったまま足を伸ばして、つま先を曲げたり伸ばしたりするだけでも、ふくらはぎの筋肉が収縮します。
このつま先運動は、1日3回、5分間づつ行うと効果的です。
歯磨きをしながら、3分間、つまさき運動も一石二鳥です。
ヨガは、静脈瘤に大変有効です。
呼吸のポーズは静脈瘤の痛みを和らげます。
腹式呼吸で鼻からゆっくりと深呼吸します。重力により足の血液は体に戻されます。
深呼吸によって、足の静脈の血液は、心臓に向かってゆっくりと、流れるようになり、痛みが軽くなります。
手や足に働きかけることも、静脈瘤に有用です。足や手をマッサージした後、反射区を1日3回5分ずつ押してください。
反射区の場所は、足底の中心より前の方にあります。第2と第3の指の骨の間で、少し窪んだところにあるツボ(湧泉)を中心におします。
アロマセラピーで、「予防」は、むくみをとるのと同時に、香りでリラックスして、夜寝る前にすると、ぐっすりと眠ることができます。
サイプレスとジェラニウムのエッセンシャルオイルをコップに、6滴づつ入れ、大匙4杯のキャリアオイルを混ぜます。
それを足のつま先から心臓に向かって、深呼吸しながら、ゆっくりとマッサージします。
皮下出血や、静脈瘤が破れる危険性があるので、決してマッサージしないでください。
「下肢静脈瘤」は、そっと塗布する程度にします。
その他のエッセンシャルオイルも使用できます。はれや、痛みを和らげるカモミールとサイプレスや毛細血管を拡張するローズマリーもお勧めします。
塩分が身体に多くなると、むくみの原因になります。りんごや、グレープフルーツなど、カリウムの多い果物を摂取しましょう。
禁煙をしましょう。喫煙は血圧を上昇させ静脈瘤を悪化させます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)