下肢静脈瘤は、血管外科の専門医が在籍している病院で治療ができます。

下肢静脈瘤が治療できる病院は、この病気を専門に研究をしている血管外科の専門医がいる病院に限られます。病院の中には、下肢静脈瘤の治療だけに特化をしている専門病院もあり、そのような医療機関であれば、安心して治療を受けることができます。
下肢静脈瘤は血行不良などが原因となって発病しますが、血行不良そのものを治療するのではなく、下肢にできた静脈瘤や瘤などを医療レーザーを使用して除去する方法によって治療を行います。
この病気を根本的に治療をするには、血行不良そのものを改善させることが必要ですが、現代の医学でも血行不良そのものを完全に治癒することは難しく、食生活を改善させて血液がドロドロになることを防いだり、適度な運動を行うことによって下肢の筋肉を鍛えて、血の巡りを良くするなどして、日常生活の中での患者さんの努力が大切になってきます。
しかし、血管外科専門医の治療によって、静脈瘤や血管が浮き出た状態は改善させることができますので、審美性は高まり、安心して足を露出させることができるようになります。
血管クリニックの血管外科医は、血管内レーザー治療によって治療を行います。具体的な内容としては、超音波検査で血栓の有無を調べ、静脈瘤の原因となっている血管の特定を行います。
血管の特定ができれば、血管内にカテーテルを通し、内部からレーザーを照射して、逆流した血管を閉じる方法により手術を行います。
細い血管の中にカテーテルを通して治療を行うわけですので、とても繊細でデリケートな技術が必要になるため、熟練した血管外科医のみができる手術です。
手術時間は片足で15分程度で終わりますので、肉体的な負担が比較的軽い手術です。
手術後はカテーテルを通した部分などに若干の傷跡は残りますが、とても小さくて目立ちませんので、手術によって審美性が損なわれるような心配はありません。
入院の必要はなく、手術直後から普段通りの生活を送ることができます。ただし、入浴などは数日間程度はできないなど、いくつかの制限はあります。下肢静脈瘤の手術は、保険診療と自費診療のどちらにも対応をしており、保険診療であってもレーザーの照射による手術を受けることは可能です。
また、民間の医療保険や生命保険などに加入をしている場合には、手術給付金を保険会社から受け取れる場合がありますので、契約内容などを確認してみたり、保険会社の担当者に問い合わせてみることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)